トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

飲食店の家賃支払い猶予を 経営者らが法整備訴え

 元参院議員でレストラン経営者の松田公太氏ら外食産業の経営者が21日、東京都内で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大で経営が苦しい店の家賃支払いの猶予を認める法整備を求めた。今後、今国会での成立を目指して与野党への働き掛けを進める。

 経営者らは、不動産のオーナーに対して店側との話し合いや家賃の猶予・減免の交渉に応じることを法律で義務付けるよう求めた。松田氏は、臨時休業や外出自粛で売り上げが確保できずに廃業を検討している事業者が多いと指摘。「最終的には(休業)補償を求めたいが、4、5月を乗り越えるため猶予が必要。生き残るチャンスを与えてほしい」と述べた。

(共同)

 飲食店の家賃支払い猶予の法整備を求めて記者会見する松田公太氏=21日午後、東京都港区

 飲食店の家賃支払い猶予の法整備を求めて記者会見する松田公太氏=21日午後、東京都港区

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索

ラミツボツケイヤレマ゚ハモニオ