トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

中国人権派弁護士「妻子会えず」 当局、感染口実に行動制限

 【北京共同】中国で国家政権転覆罪に問われ服役し、5日に刑期満了で出所した人権派弁護士、王全璋氏(44)が21日までに、共同通信の電話取材に応じ、自宅のある北京に戻れず、妻子に会えないと語った。出所後も新型コロナウイルスの感染症対策を口実に、当局から行動が制限されているとして強い懸念を示した。王氏によると、出所後に日本メディアの取材に応じるのは初めて。

 王氏は、習近平指導部が2015年7月に一斉拘束した人権派弁護士の一人。19年に懲役4年6月の実刑判決を受けた。拘束後、長期間にわたり安否が不明だったため国際社会からも注目されていた。

 中国の人権派弁護士、王全璋氏=20日、中国山東省(関係者提供・共同)

 中国の人権派弁護士、王全璋氏=20日、中国山東省(関係者提供・共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索

ラミツボツケイヤレマ゚ハモニオ