トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

政治

首相、靖国神社に供物を奉納 参拝は見送りへ

 安倍晋三首相は21日、東京・九段北の靖国神社で始まった春季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 安倍晋三」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。22日までの例大祭中の参拝は見送るとみられる。高市早苗総務相、加藤勝信厚生労働相も真榊を奉納した。

 2012年12月の第2次安倍政権発足後、首相は13年12月に靖国神社を参拝した。春季、秋季例大祭は参拝せず、いずれも真榊を奉納してきた。

 靖国神社にとって、4月と10月の例大祭は最も重要な祭事とされる。今回は新型コロナウイルスの感染防止のため、春季例大祭の期間を例年の3日間から2日間に短縮し、閉門も2時間繰り上げた。

(共同)

 靖国神社の春季例大祭に合わせ安倍首相が奉納した「真榊」=21日午前、東京・九段北

 靖国神社の春季例大祭に合わせ安倍首相が奉納した「真榊」=21日午前、東京・九段北

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索

ラミツボツケイヤレマ゚ハモニオ