トップ > 長野 > 4月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

長野

県、接客飲食店に休業要請へ

 県は二十日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、県内の接客を伴う飲食店に休業要請する方針を決めた。パチンコ店を含む遊技場など施設内に不特定多数の人が密集する他の業種も対象に加えるかどうか検討している。二十一日にも正式に決定する見通し。

 複数の県関係者によると、休業要請は関係者に周知した後、全国に拡大された緊急事態宣言の対象期間の五月六日までを想定している。経営面の打撃を緩和するため、県は独自の経済支援策を盛り込んだ補正予算案を編成し、二十八日に招集される県議会臨時会に提出する。

 新型コロナウイルスの感染者は県内でも急増。クラスター(感染者集団)の発生には至っていないが、長野市のキャバクラ店では従業員三人の感染が確認され、来店客を含む約七十人が濃厚接触したとみられている。同様のケースは全国各地で確認されており、県は感染拡大防止策を一層強化する必要があると判断した。

 県関係者は二十日、取材に「他県でクラスターが発生しているような場所を休業要請の対象にする方向で検討している」と明らかにした。政府とも最終的な対応を協議しているという。県は二十一日にも対策本部会議を開き、阿部守一知事が会見で詳細を説明する方針。

 (我那覇圭)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索

ラミツボツケイヤレマ゚ハモニオ