トップ > 一面 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

一面

障害ある子へ「仮面ライダー」の贈り物 「コロナに勝とう」

障害児を支援する施設に届いた紙芝居や絵本と子ども向けの手紙=20日午後、名古屋市港区で(内山田正夫撮影)

写真

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、重症心身障害児らを支援する名古屋市港区の社会福祉法人「ふれ愛名古屋」の玄関に二十日朝、紙芝居や絵本が入った段ボール箱が匿名で届いた。一緒に入っていた手紙には「コロナに打ち勝つ」との言葉があった。職員は「とてもありがたい」と善意に感謝している。

 届いたのは紙芝居五セットと専用の木枠、絵本が三冊、リュックサック二つ。箱には仮面ライダーの写真が張ってあり、手紙には子どもにあてて「妖怪新型コロナに打ち勝つため世界中の仮面ライダーたちも戦っている。みんなも外に出られなくて退屈とたたかっているとおもう」、職員向けに「みんなが笑顔で健康に暮らせるように」とのメッセージが書いてあった。

 同法人の鈴木由夫理事長(69)は「コロナの影響が続く中、障害児に目を向けてくれて本当にうれしい」と喜んだ。

 (白名正和)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索

ラミツボツケイヤレマ゚ハモニオ