トップ > 特集・連載 > 学ぶ

ここから本文

学ぶ

写真

 子どもたちと一緒に実験を楽しむ手法が人気の松延康さん(63)。年に百回近く、小中学校の授業などで科学の面白さを伝える「理科実験パフォーマー」は、「へえ」という感覚と「なぜ?」という疑問が大切だと語ってくれました。(聞き手・福沢英里) −どんな授業ですか。(4月19日 朝刊) 記事全文へ

[写真]

<まつのぶ・しずか> 1957年生まれ、東京都小平市出身。北里大大学院獣医畜産学研究科博士課程修了(農学博士)。短大の専任講師や看板職人などを経て、科学の魅力を伝える団体の理科教育研究フォーラム「夢・サイエンス」代表。教育関連会社も営む。日本テレビの「世界一受けたい授業」やテレビ東京「ソレダメ!」などに出演。

 

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索

ラミツボツケイヤレマ゚ハモニオ