トップ > 社説・コラム > 中日春秋一覧 > 記事

ここから本文

中日春秋(朝刊コラム)

中日春秋

 「不幸はこれを語ることによって軽くすることができる」。どんな文脈で述べたかは知らないが、フランスの劇作家コルネイユの言葉という。不幸への対処法であろうか

▼歌うことによっても軽くすることができる。近ごろそう強く思わされる。先日、米国の歌手レディー・ガガさんの呼びかけによる大規模な慈善の音楽イベントがネット上であった。多くの出演者は自宅から弾き語りで歌っている

▼なじみの薄い曲やアーティストも多くて、言葉の問題もあった。それでも予想を超えて、その声、その歌のしみること。趣旨である医療に携わる人たちへの感謝にくわえて、同じコロナ禍の下にある心情を、音楽を通じ多くの人と共にできた気にさせられた

▼国内でも自宅や観客のいない場所から演奏を届けている表現者は多い。たとえば故加川良さんの『教訓I』を自宅で歌った女優杏さんの弾き語りは、ネットを介して評判になったようだ

▼<命はひとつ 人生は一回/だから命をすてないようにネ>。久しぶりに耳にする昭和の曲に、この歌を口ずさんでいた、もうこの世にはいない人を思い出す。励まされたような気がして感じ入った。音楽が持つ力そのものにも

▼不幸が世界を覆ういまこそ、不要不急どころでなく、音楽の力が、求められているようにも思える。生で触れられる場がなくなっているのが残念でならない。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索

ラミツボツケイヤレマ゚ハモニオ